箏・三絃・十七絃・和楽器付属品をお探しの方へ

念願の楽器購入。だけど不安がいっぱい・・・。
一生に何度も経験することのない和楽器購入は、期待が大きい反面、不安もいっぱいです。
実際に商品を見られるお店が減ってきた、どこを確認し、どういった点に注意をし、どう選べばいいのか分からない、という方もいらっしゃると思います。

当店では、担当者が和楽器購入のパートナーとなり、皆さまをバックアップさせて
いただきます。お客様が楽しく和楽器と向き合えるよう、本当に知りたい、その商品のメリット・デメリット等を丁寧にご説明させていただきます。不安に感じていること、
何でもご相談ください。

下取りサービス見積りシュミレーション

 

 

各種箏修理

箏柱を倒してしまった傷のお直し、ちょっとした修理から箏焼き直しまでおまかせください。
※お預かりによる修理期間中、替え箏のご用意もございます。

 

修理例:へこみ傷、焼き直し、裏板割れ・はがれ直し、舌交換、枕角交換、芯座交換、17絃枕角交換による糸幅調整、17絃ピン交換・緩み直し、17絃添え木取付(交換)、等

三絃皮張り替

伝統の手張り法にて張り上げます。通常、手張りでは「5つ×4つ」と呼ばれる張り台・木栓にて行われますが、地唄四つは「5つ×5つ」という特殊な張り台により、厚皮に求められますしっかりとした張りを実現いたします。

 

三絃修理

糸巻きの調整、かんべり直しからサワリの調整までおまかせください。
※お預かりによる修理期間中、替え三味線のご用意もございます。

 

修理例:糸巻き調整、糸巻き折れ修理、サワリ調整、かんべり・ハ直し、高切れ直し、天神欠け、東サワリ入れ(芯修理)、胴修理、等

三絃バチ調整

三絃バチはお手に合うよう調整が必要です。バチ先のしなり、にぎり具合等お手に合わせて調整いたします。
他店でお求めになられましたものも、お持込大歓迎です。

 

修理例:にぎり台直し、バチ先しなり調整、サイズ変更(女性用・お子様用への加工 等)、バチ先角出し修理(すり減ったもの)、バチ先欠け修理、等

象牙製品のお手入れ

象牙製品は、天然素材のため定期的なお手入れが必要です。

箏糸につけたしるしにより、箏柱頭についてしまった汚れは、糸切れの原因につながります。
バチの場合、バチ先についてしまった細かな傷によるギシギシとした摩擦音が気になることもあります。

当店では、象牙専門の磨き材と高度なテクニックによる定期的なメンテナンスにより、象牙特有の光沢・艶を取り戻し、乾燥による象牙の劣化を予防することができます。

1、修理のこだわり

当店は、楽器修理にも力をいれて
おります。
大切な楽器やお道具は、定期的に
きちんとメンテナンスをすることで、
より長持ちさせることができます。

※お三絃の修理では、張替えも含め
なるべく棹と胴一式をお預かりするようにしております。
お三絃は大変デリケートな楽器であり、棹と胴、糸巻きやサワリ等、全体のバランスを見させて頂き、当店独自のチェック項目をクリアした後、お渡しとなります。

 

2、お見積りについて

各種修理のお見積もりは、無料で
承ります。
メール・FAX等でお問い合せください。添付写真等により、具合の悪い症状をできるだけ詳しくお話ください。
※お見積もり後、修理に着手することなくお返しする場合の送料は、
お客様負担となりますので、ご注意ください。

 

3、修理のご注意点

修理は、実際に作業に入りますと
思わぬ箇所が壊れていたり、
別の原因である場合があります。
そのような場合には、最初のお見積もり金額と、実際に修理した金額が違ってくる場合がございます。そのような際には、必ずご本人さまと再度ご相談の上、了解を頂きましてからの着手とさせて頂きます。