くり甲 柾目箏 紅木玉渕巻 柾目杢数32本!!

  • No.

    41022

  • 販売価格

    160万→¥1.400.000 円+税

  • 甲裏の彫り   子持ち二段綾杉彫り(手彫り)

  • 裏板の状態               上柾目板

  • 本体の重さ

    やや重め 6.4 kg

  • 木の硬さ

    標準やや硬め

  • 在庫状況(2017/4月現在)

    東京店在庫あり

  • サービス付属品:箏柱・口前セット・柱箱or琴台・箏カバー・猫足・猫足入れ、等
  •  

          

    Made in Japan

製作者より、こちらの商品についてのご説明

柾目の材となる丸太は、そんなに硬くないことが多いのですが、ほど良い硬さの材料です。柾目杢の本数は 32本 とおとなしめですが、油分ものった弾きやすい柾目箏です。
柾目のお箏は、杢目がまっすぐで均等であることが重宝されるのですが、巾側に少々クセがでてしまったため、お値引き対象品となります。
※40079 柾箏と同じ丸太からの材であり、兄弟木となります

※月々 4.8 万円でこちらの商品がお求めになれます!(アプラスショッピングローンにて36 回払いの場合)さらに、Tポイント:7.560 ポイント 貯まります!

繧「繝励Λ繧ケT繝昴う繝ウ繝医す繝ァ繝・ヴ繝ウ繧ー繧ッ繝ャ繧ク繝・ヨ

当店のお箏の特徴

古典曲・現代曲・ポップス
まで対応できる品質

古典曲・現代曲・ポップス まで、
お客様のニーズに合わせた音造り
に対応いたします。

「鳴り」を重視した
本体造り

お箏の音色は、甲内側の削り、
「中刳り(なかぐり)」がとても重要と
なります。
長年培ったビックデータをもとに、
「鳴り」を重視した上質な本体造りを追及しております。

弾きやすさを重視した
質感と色合い

紅木装飾は伝統の「うるし仕上げ」
にて最高の品質を実現、甲本体は
白い糸がよく見え弾きやすいよう、
少々黒めの仕上げです。

少しでも響くよう「綾杉彫り」は通常より20%増量!

少しでも響くよう、甲内部の
「綾杉彫り」は一般メーカーより
20%増量して彫っております。

糸締めは左手による
伝統の手締め法!

お箏は糸の締め方による影響が
大きく、音が良くも悪くもなって
しまいます。当店の箏糸締めは、
左手締めによる伝統の手締め法
となります。